イーコマ

ネットショップをこれから開業しようと考えている方に読んでほしい情報ノウハウサイトです。副業でお小遣い稼ぎしたい方もいれば個人事業主、法人化して事業として運用したい方等目的は様々だと思います。どんな方でもネットショップをこれから開業したいと思っている方にとって役立てていただけるよう情報配信していきます。

*

ネットショップの流入キーワードを検索アナリティクスで知ろう

   

キーワード分析

ネットショップの分析を行った際に、どんなキーワードで自分のネットショップに

アクセスをしているのか気になるかと思います。

 

Google アナリティクスのキーワードで閲覧しようとすると、【not set】や【not provided】と

表示されていて正確にキーワード分析ができないなんてことが起きている方も多いのではないでしょうか?

 

そんなときでも流入キーワードを知る方法としてGoogle search console(ウェブマスターツール)の

「検索アナリティクス」という機能を使うことをオススメします。

 

検索アナリティクスでネットショップの流入キーワードを確認する方法

Googleサーチコンソール

1:Google search consoleにログインし、ページ中部の

「検索アナリティクス」をクリック

検索アナリティクス分析

2:「クリック数」「表示回数」「クリック率(CTR)」「掲載順位」のうち

いずれかにチェックを入れる

3:ページ下部にキーワード一覧が表示されるので確認

※必要であれば、CSVでダウンロードも可能

 

検索アナリティクスでフィルタをかける

検索アナリティクス分析

先ほどチェックを入れたメインで閲覧したい項目の中で、特に見たい内容を

細かくフィルタをかけることが可能になります。

 

クエリ、ページ、国、デバイス、検索タイプ、日付によって、フィルタや比較を

行うことが可能になります。

 

フィルタを使わないで閲覧しようとすると、一定数のオーガニック検索トラフィックが

ある場合、情報量が膨大で確認したい情報を整理するのに時間がかかってしまいます。

 

まとめ

普段自社のネットショップの流入キーワードをGoogle アナリティクスで確認している方は

ぜひGoogle search consoleの検索アナリティクスを使ってみてはいかがでしょう?

 

Googleウェブマスターツールの際に見づらかった検索キーワード情報がかなり見やすく

分かりやすいインターフェースになっているので、活用しやすいはずです。

 

 

ネットショップの開業から売上アップを目指す方へ

記事をご覧いただきありがとうございます。

今後もネットショップの運営者の方々に向けて有益な情報を配信してまいります!

  関連記事

検索結果の順位
どこの順位に表示されたリスティング広告がクリックされたか分析するには

リスティング広告を運用しているネットショップの店長で、自分の出稿した広告が何位に …

similarweb
競合ネットショップのアクセス解析が無料でできるSimilar webとは

日々のネットショップ運営の中で、競合サイトを意識した運営をしている店長さんが多い …

コンテンツ記事
コンテンツ記事を書くときに参考にしたいGoogleアナリティクスの分析方法

ネットショップにおけるSEO対策において、最近よく聞くワードに 「コンテンツSE …

コンバージョンタグの設置
リスティング広告で売上金額を測定する方法(ショップサーブ編)

ネットショップの運営において、重要な集客施策であるリスティング広告ですが、 適正 …

Google analytics
ネットショップの店長が見ておきたいページビュー数と転換率の関係性

ネットショップの売上は、 訪問数×転換率×受注単価 という方程式で成り立っていま …

解析
Googleアナリティクスの参照元にある「event-tracking.com」ってなんじゃ!?

ここ最近、Google Analyticsを見ていると変な参照元からのセッション …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です