イーコマ

ネットショップをこれから開業しようと考えている方に読んでほしい情報ノウハウサイトです。副業でお小遣い稼ぎしたい方もいれば個人事業主、法人化して事業として運用したい方等目的は様々だと思います。どんな方でもネットショップをこれから開業したいと思っている方にとって役立てていただけるよう情報配信していきます。

*

どこの順位に表示されたリスティング広告がクリックされたか分析するには

   

検索結果の順位

リスティング広告を運用しているネットショップの店長で、自分の出稿した広告が何位に表示された

ものがクリックされて、成果が良いのか知りたくありませんか?

 

リスティング広告の表示順位を上げることはコストをかけることになるので、表示順位ごとに

成果分析ができたら、無駄なコストをカットすることにも繋がります。

 

昔は、GoogleアドワーズとGoogleアナリティクスをリンク付けしておけば、見れたそうなのですが

今は「Value Track」バリュートラックという機能の中の1つである{ad position}というものを

利用することで計測することができます。

 

Value Track」バリュートラックの{ad position}の使い方

ValueTrackとは、ユーザーの検索状況に合わせて、広告のランディングページの

リンク先URLを自動的に変更して、トラッキング値を入れる機能のことです。

引用:Web担当者フォーラム

リスティング広告の掲載順位をGoogleアナリティクスで計測する場合、

リスティング広告で設定するランディングページ(リンク先URL)に{ad position}の

記述を追記することで、計測可能となります。

 

例として、このホームページのリスティング広告を出稿した際にGoogleアナリティクスで

順位を計測する場合、以下のように記述します。

 

リンク先URLの記述例

http://echikaku.com/?adposition={adposition}

 

上記のようにランディングページに記述を追記することで、ユーザーがクリックした際の

実際のURLが以下のように書き変わります。

 

ユーザーが訪問したときのランディングページのURL

http://echikaku.com/?adposition=1t1

 

上記URLは、Googleアドワーズで配信したリスティング広告の「1t1」のポジションに

表示された広告をクリックしたユーザーが来訪していることを意味します。

 

この{ad position}で計測できる掲載ポジションの種類は数パターンあり、以下のような

内容に分類されます。

戻り値 検索結果 順位
1t1 1ページ目の上部 1位
1s3 1ページ目の右側 3位
1o1 1ページ目の下部 1位

 

Googleが返してくれる戻り値

 

掲載ポジションで分かる分析内容

Googleアナリティクスで掲載順位別のクリック率やユーザーの傾向を見る事ができると、

いくつかのプロモーションの方向性を設定することができます。

 

プレミアムポジションに設定したキーワードの集客の成果

プレミアムポジションに広告を配信することで、広告のクリック率を高め、

広告の品質を上げることができます。

 

一方で、競合を超えるために、強気のクリック単価が必要になるため、

コストがかかります。

 

プレミアムポジションに表示し、サイトリンク表示コールアウト表示することで、

クリック率向上を維持することが必要なキーワードかどうかを把握することで

ネットショップのプロモーションの方向性を見定める事ができます。

 

右側に表示または、ページ下部の表示でも成果が見込めるキーワードなのか

リスティング広告で出稿するキーワードによっては、無理にプレミアムポジションに

出稿する必要のないキーワードも知ることができます。

 

仮にプレミアムポジションでの集客の成果とページ右側に表示されていたときの集客の成果が

ほぼ同等の場合、クリック単価をプレミアムポジションに維持する必要がないことが分かります。

 

比較検討要素の強いキーワードやページ上位に楽天、Amazonが表示されていて、購入検討が

長引きそうなキーワード等はプレミアムポジションでなくても成果が見込めるケースがあります。

 

Googleアナリティクスでの掲載順位確認の方法

Googleアナリティクスで数値を確認する際は、「セカンダリディメンション」を活用します。

 

Googleアナリティクスにログイン後、集客>adwords>キーワードを選択します。

 

すると、アドワーズで出稿しているキーワードの一覧が表示されます。

そこで、「セカンダリディメンション」にて「広告ランク」という項目で分割すると

各キーワード毎の掲載順位別の成果を確認することができます。

 

まとめ

Googleアナリティクスは、まだまだ高度な分析方法がいくつもあります。

 

初期段階がここまで、細分化した分析が必要かどうかは別としても、

Googleアドワーズに50万以上利用している等、予算配分の見直しを行う際には

活用できるのではないでしょうか?

ネットショップの開業から売上アップを目指す方へ

記事をご覧いただきありがとうございます。

今後もネットショップの運営者の方々に向けて有益な情報を配信してまいります!

  関連記事

キーワード分析
ネットショップの流入キーワードを検索アナリティクスで知ろう

ネットショップの分析を行った際に、どんなキーワードで自分のネットショップに アク …

コンバージョンタグの設置
リスティング広告で売上金額を測定する方法(ショップサーブ編)

ネットショップの運営において、重要な集客施策であるリスティング広告ですが、 適正 …

Google analytics
ネットショップの店長が見ておきたいページビュー数と転換率の関係性

ネットショップの売上は、 訪問数×転換率×受注単価 という方程式で成り立っていま …

解析
Googleアナリティクスの参照元にある「event-tracking.com」ってなんじゃ!?

ここ最近、Google Analyticsを見ていると変な参照元からのセッション …

similarweb
競合ネットショップのアクセス解析が無料でできるSimilar webとは

日々のネットショップ運営の中で、競合サイトを意識した運営をしている店長さんが多い …

コンテンツ記事
コンテンツ記事を書くときに参考にしたいGoogleアナリティクスの分析方法

ネットショップにおけるSEO対策において、最近よく聞くワードに 「コンテンツSE …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です